除湿

除湿

ジメジメした部屋を、どうにかしたいって思うときがあります。そんなときに、器械を購入するのは、簡単ですが、その前に、お家にあるもので、少しでもその湿り気を減らすことができたら、うれしいですよね。

除湿 > 除湿

除湿 部屋干

雨が続いたりして、ジメジメしたシーズンだと、お部屋の除湿をしたくなるものです。
どうにかして、少しでも、お部屋の湿気を下げたくなるものです。
まして、屋外が雨とかだと、なおさら部屋にこもっている時間が、増えてしまいますからね。

そんなときには、どこのご家庭にもある新聞紙が、有効な手段になるんだそうです。
「材質が粗くて、凹凸がある新聞紙は、湿気を吸収しやすい性質を持っている」んだそうです。
たとえば、屋内で洗濯ものを干すようなときに、新聞紙を手でくしゃくしゃに丸めて、干してある洗濯物の下に、置いておくだけでも、洗濯物が乾くのが、早くなり、さらには、お部屋の湿気も吸収してくれるんだそうです。
これって、すぐにできますね。それに、新聞代だけのコストですから、とても安価にできます。
さらに、下駄箱とかにも、靴の下に新聞紙を敷いておくことでも、靴の湿気を吸い取ってくれるんだそうです。
もう、こうなったら、あっちこっちに新聞紙を、敷き詰めたくなりますね。
また、下駄箱などの臭いも気になるようなところには、お皿とかに重曹を入れて、いっしょにおいておくことで、消臭効果も期待できるんだそうです。
そういえば、木炭とかも置いておくと、消臭効果があるって、言ってましたね。

除湿 部屋

ペットボトルを使った除湿方法っていうのもあるんですね。
たとえば、2リットル入りのペットボトルに水を入れて、凍らせたものを、皿のようなものの上に乗せて、部屋に置いておくだけでも、効果的なんだそうです。
ペットボトルに、水滴が付いてくるのですが、この水滴は、空気中の水分が冷やされて凝縮したものなんだそうです。
2時間程度、そのまま放置しておくと、2時間で約27g分の除湿の効果があるんだそうです。(その時々によって違うようですが。)
また、この凍らせたペットボトルに、扇風機の風をあてることで、除湿効果とともに、冷やされた空気を循環させることができるので、室温も同時に下げることができるんだそうです。
(そういえば、似たようなやり方で「冷たいよう」っていう商品もありましたね)
エコに、除湿をしたいっていう方には、いい方法ではないでしょうか。

こちら⇒冷たいよう
こちらも⇒除湿剤・乾燥剤

除湿 トップへ戻る