ロウカット玄米

ロウカット玄米

ロウカット玄米ってていう食材が、テレビで紹介されていました。見てたら、栄養価も高くて、赤ちゃんの離乳食に使えるぐらい柔らかく炊き上がる良い食材みたいなので、改めて紹介しておきます。ロウカットは、これからの主流の食材になっていくかもしれません。

ロウカット玄米 > ロウカット玄米

金芽ロウカット玄米

玄米といえば、その栄養価や、食物繊維が白米と比較して、豊富に含まれているということで、人気の食材です。
最近では、それ専用の炊飯器まで、発売されているぐらい。健康に留意している人は、みんな、食べてる雰囲気ですね。

でも・・・そういった専用の炊飯器とかで、注意して炊かない限り、食感が硬かったりして、おいしくいただけないっていうのも、一般的な意見でした。
含まれている栄養価や、食物繊維は、とっても魅力的だけれど、ふっくらとおいしくいただけないと、特に、お年寄りや、小さなお子さんのいる家庭だと、敬遠してしまうところもあったのは、事実ですね。

ところが、最近「金芽ロウカット玄米」という食材が発売されたんだそうです。
これは、栄養価や含まれている食物繊維は、そのままたくさん含まれたままで、おいしくふっくらと炊きあがるように精米された食材なんだそうです。

金芽米 ロウカット玄米

この金芽米 ロウカット玄米は、玄米の表面に薄くついているロウ層と呼ばれる水をはじいてしまう層を、特殊な技術で、取り除くことに成功したことで、生まれたんだそうです。(この精米技術が、「ロウカット」なんですね。まさに「「ロウ」を「カット」するという意味。)
このロウ層というモノが原因で、炊くときに吸水が妨げられて、煮あがりが悪くなってしまい、固い食感の原因になっていたのが、これまでだったんだそうです。
このロウ層を薄く均一に取り去ることができるロウカット精米技術で、含まれている栄養価や食物繊維は、そのままに、ふっくらとおいしく炊き上げることができるようになったんだそうです。

なんとこのロウカットされた食材に含まれている栄養価は、白米と比較すると歴然とした差が、認められるんだそうです。食物繊維、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンE、ナイアシン、オリザノールなどが、それこそ圧倒的に含まれているんだそうです。(ロウカット、恐るべし)

その栄養価や、おいしさが徐々に認められて、今では、学校給食や、社員食堂、そして味にうるさいお寿司屋さんでも、採用するところが、増えているんだそうです。それだけ、栄養価だけではなく、そのおいしさも認められてきているっていうことなんですね。

これは、摂りいれたほうが、いいかもしれませんね。いつもの白米を、替えるだけで、より栄養価が高くて、食物繊維が豊富に含まれている食材を食べられるんですから。小さなお子さんから、メタボに悩む大人まで、いいことづくめかもしれません。

このロウカット玄米の販売方法は、現在のところ、通信販売のみなので、お店とかに行っても、売っていないんだそうです。

こちら⇒ロウカット玄米 楽天市場

ロウカット玄米 トップへ戻る