スマホ老眼

スマホ老眼

スマホを使うことで、老眼になるって、本当でしょうか。

スマホ老眼 > スマホ老眼

スマホ老眼とは

スマホ老眼とは。
スマホを長時間、使用し続けていることで、近くのものが、ぼやけてしまったり、二重に見えてしまったりという「老眼」に似た症状になってしまうこと。
特に、最近は、20代とか30代の「老眼」という症状とは無縁なはずの年代の人達に増えているんだそうです。
これは、目の中のレンズともいえる水晶体を調節している筋肉が疲労してしまって、固まってしまった状態なんだそうです。筋肉が固まってしまうことで、どうしてもピントが合いづらくなってしまうんだそうです。

この時に、やりがちなことで、絶対にしては、いけないことが、あるんだそうです。
「まぶたを押さえる」ことや「「目をゴシゴシこする」ことなんだそうです。
「やってた」っていう人って多いと思います。
でも、金輪際しないでって、お医者さんが言ってるんだそうです。
なぜなら、網膜剥離の原因になるんだそうです。そのまま、放置していると失明してしまう恐れも出てくるんだそうです。

スマホ老眼 対策

スマホ老眼の対策とは。
・スマホを1時間つかったら、10分間の休憩をとること。
・スマホと目との距離を、40㎝以上とること。
・時々、遠くを見て、ピントを合わせてくれている水晶体の筋肉をストレッチさせりること。
・少し疲れてきたら、目を閉じること。
・眠る前に、蒸したタオルで、目を温めて、リラックスさせること。
(できそうで、できない。でも、目ってとっても大事な感覚器官ですから、大切にしすぎることは、ないはずですから、できる限りいたわるようにしましょう。)

この疑似的な老眼は、20代から30代に多い症状で、よく言われている「加齢からくる老眼」にすぐさま移行していくことは、ほとんどないんだそうです。
あくまで、一時的な症状なので、スマホの使用を控えることで、回復するものなんだそうです。
ただ、スマホを控えるようにして、1週間か2週間しても、症状が回復しないようなら、病院に行って、見てもらいましょう。違う病気が潜んでいる可能性があるかもしれないんだそうです。
※成長期のお子様は、近視の症状が進んで、視力が低下してしまう恐れがあるので、時間を決めて、長時間使用することがないようにしたほうがいいんだそうです。

こちら⇒目もとエステ 

スマホ老眼 トップへ戻る